楽しく快適に暮らすための素敵なインテリア情報。女性ならではのアイデアが満載のブログです。


by lca-infinity

<   2006年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

e0051614_18414540.jpgカーテンレールは様々な種類があります。
一般的に多いのは、
何も装飾されていないシンプルなものですが、
実は紹介しきれないほどの
装飾レールの種類があります。
今回はアイアンレールをご紹介します。


e0051614_18323617.jpg
e0051614_1833116.jpgメーカー:TOSO



e0051614_1834238.jpgメーカー:タチカワプラインド




        カーテンレールをアイアンのもに取替るだけで、お部屋の印象が変わりそうですよね。
        カーテンだけでなく、カーテンレールにもこだわってインテリアを楽しみましょ。
[PR]
by lca-infinity | 2006-02-28 18:43 | 窓まわり・ファブリックス
住宅についている便器の形は、見慣れているランドセルを背負ったようなタンク付きのものと、最近ではINAXのSatisで人気となったタンクレス・ローシルエットのタイプがあります。

しかし、トイレだって進化しているんです。意外と奥が深いかも。

e0051614_18225324.jpg昨年の11月に、TOTOさんの新商品発表の席で出会ったなんとも愛らしい便器。目立つタンクが、少しだけ目立たない。その名も、『ミドルシルエット便器』。by TOTO NEW MATERIAL 2005

タンクの高さは、標準的なテーブルやデスクと同じ700mmに設定。トイレに入ってきた人間の目線を見慣れた高さに抑えるだけで、便器の存在感をグンと薄める効果がある。(TOTOカタログより)


e0051614_1831321.jpg便器だけの写真だとわかりづらいので、こちら→ 
背中側にカウンターなど造作しても、スッキリおさまってくれるし、機能的には、設置場所によって水圧が確保できず、タンクレスが設置できなかったところでも、これならちょっとお洒落なものがつけられる。(ミドルといってもちゃんとタンクに水が溜まるので。)


便器のデザインも色々あるので、「たかがトイレ・・・」と言わず、これを機会に“便器”に注目してみてください。
[PR]
by lca-infinity | 2006-02-24 18:51 | 水まわりのデザインと設備
e0051614_1963496.jpg
リクルートさんの、『住まいのアレコレ、“教える”“教わる”』のSmatchスマッチ!で、
達人(なんて、まだまだですが・・・)ブロガーとして、情報発信を始めて、早3ヶ月。

ブログの他にも、住宅サーチができたり、住宅に関するニュースがあったり、それよりもブロガーさんがどんどん増えているので、益々“住まい”の関心は高まりそうです。

一応、『女性の視点で考える~こだわりの住まい研究所』で、
エルシーエーインフィニティから情報発信しておりますので、こちらもどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by lca-infinity | 2006-02-22 19:08 | エルシーエーインフィニティ

トイレの収納。

トイレに収納しておきたいものは、
トイレットペーパー・ブラシ・洗剤・お掃除ティッシュなどがあります。
トイレットペーパーはストック用もしっかり収納したいですよね。
でも、スペースが狭くて、収納家具が置けないご家庭の方が多いのではないでしょうか。
トイレットペーパーは吊戸棚が取付けてあれは、収納できますが、
ブラシなどはそのまま床に置いてしまうことが多いと思います。

e0051614_171368.jpgそんな時、置いてあるだけで、オシャレに見えるブラシホルダーにすれば、少しは気分が変わるのではないでしょうか。一見、これ何だろぅ~と、思わせてしまうのです。
アクセサりーもオシャレなものにすれば、トイレスペースが素敵に変身できるはずです。





e0051614_17133780.jpgトイレの横幅が1m以上あれば、サイドキャビネットが設置できます。
ブラシもストックもしっかり収納できます。見た目もコンパクトでスマートなカウンターです。
INAXのセレビオ。

理想は、全部すっきり収納できればいいですが、限られたスペースの中では、少しの工夫で、すっきりと心地良い空間づくりを心がけたいですね。
[PR]
by lca-infinity | 2006-02-17 17:26 | 水まわりのデザインと設備
室内床とバルコニー床の段差が30cmもあったので、フラットにしたいというお客様の要望がありました。雨が室内に入らないようにするため、バルコニー床は室内より低くしてある建物が多いのが現状です。

e0051614_18544933.jpgバルコニーの奥行が広ければ、バルコニーに出て、洗濯物を干しますが、お客様のバルコニーの奥行は45cmしかありませんでした。洗濯物を干す時はバルコニーに下りず、窓枠に立って干すという不安定な状態で作業をしていました。
高齢のお客様でしたので、30cmも低いバルコニーに、毎回下りたり、上がったりするのは苦痛です。
でも、いつか落ちて怪我をするのでは・・・という身内の方の心配から、今回のパルコニー床をフラットにする工事を行いました。
e0051614_18564048.jpg
e0051614_18581060.jpg
床はウッドデッキを設置し、室内床に合わせてフラットにしました。
バルコニー床が室内と同じになったため、既存の手すりでは長さが足りなかったので、後付で手すりを高くしました。

お客様には、『これから、安心して、洗濯物を干せるようになる』と喜んでいただけました。
[PR]
by lca-infinity | 2006-02-15 19:08 | リフォーム設計デザイン
これからは、女性がますます活躍すると思います。
そして市場も、女性の興味&関心が大きなトレンドを生み出します。

e0051614_21191991.jpgこんな家に暮らしたい、好きなインテリアに囲まれたい。

・・・女性は誰でも考えるものです。

家に自分を合わせるのではなく、自分に住まいを合わせる。
これからの住宅は、そんなふうになってほしいと願います。

初めは、インテリアコーディネーターという仕事がどういうものか、
全くわかりませんでした。とにかく、専門学校へ・・・

「インテリアコーディネーターは、どこまで住まいに関する部分のお仕事ができるのか。」
そんな疑問を抱きながら、学校探しを始めました。
[PR]
by lca-infinity | 2006-02-09 21:20 | コーディネーターのお仕事と交流
先週、介護保険の住宅改修~トイレ編~で紹介した工事が終了しました。

e0051614_18275293.jpge0051614_18244863.jpg左の写真は改修前です。その隣の写真は解体している最中の写真です。トイレスペースを広げる為、既存の間仕切壁を解体!ブロック壁だったので、現場はほこりまみれで大変でした。
(その日の服装:マスクにフード付上着で完全ホコリをシャットアウト!『誰!?って感じ・・・』)






e0051614_18143741.jpg予定していたL型手すりではなく、I型手すりを取付ました。
トイレスペースが完全に仕上がった後に、
お客様に実際に便器に座っていただき、手すりの位置を
細かく決めていきました。

手すり取付位置はお客様によって、身体の大きさや
健側の手などによって変わっていきます。
今回は、前屈姿勢での立位動作が楽だったということもあり、
便器の先端より少し離れた位置に取付ました。

手すりを初めから、取付けることが決まっている工事の際は、
手すりの位置の微妙な変化に対応できるように、
下地補強を行うことが大切です。

e0051614_18164814.jpge0051614_18352962.jpg

[PR]
by lca-infinity | 2006-02-07 18:59 | リフォーム設計デザイン
e0051614_1913051.jpg浴室のリフォームというと、タイルばりだった在来の浴室が、

・湿気があってカビる
・タイルの床のヒヤッと感が嫌い
・タイル目地の汚れが気になる

というような理由で、ユニットバスに取り替えるのが多いですね。

でも最近は機能商品が登場しています。後付けで浴室乾燥暖房機が設置できたり、タイルの床下に浴室でも床暖房が設置できたり、ヒヤッとしない「サーモタイル」なんていうのもあります。汚れが気になるタイルの目地材が、細菌の繁殖を抑える防カビ性の目地材だったり、といろいろです。

ユニットバスルームもいいですが、昔ながらのタイルばりのお風呂も、いろいろな機能を上手に利用すれば、まだまだ捨てたものじゃありません。

リフォームの工法としてわかりやすく説明してあるのが、INAXの「タイルonタイル工法」。

特にこれといって目新しい工法ではありません。これは、タイルの下に敷いてある防水膜を壊さず、今あるタイルの上から新しいタイルをかぶせる工事です。ただし、配管の水漏れなどが気になる場合は、既存のタイルを壊して調査する必要があります。

やはり味気ないユニットバスルームではなく、今ある在来の浴室を新しいタイルに貼り替えることでリフレッシュでき、予算も既存の壁を解体しない分、ぐっと価格を抑えられます。
[PR]
by lca-infinity | 2006-02-06 19:07 | 水まわりのデザインと設備

図書館並みの大容量書庫

本をたくさんお持ちの方は、その収納に困ることが多いようです。

普通に並べて収納しようとすると、1列か2列で限界です。それ以上並べても、奥のものが取り出しにくくて大変。もっとたくさん並べて、取り易く、と考えると、棚が前後あって、手前の棚が横移動するような、本棚を想像します。

お薦めしたいのは、図書館などにありそうなスライディングの本棚。
手前に引き、横から取り出す。確かに引き出す手間がありますが、奥にある本もいつでも取り出せます。

e0051614_12541962.jpg写真は、とても機能的でセンスのある収納家具を扱う『ip20』のスライディング本棚。ドイツの技術を取り込むシステム収納家具で注目です。

広い部屋ならいくらでも本棚が置けますが、狭いスペースだからこそ、収納量と取り出しやすさを考えた本棚です。


通信販売などでは、棚の下に車輪がついたタイプのものが売っていますが、これは、棚の下に頑丈なスライドレールがついていて、スムーズに動かせます。
[PR]
by lca-infinity | 2006-02-03 13:03 | 収納家具・収納アイデア