楽しく快適に暮らすための素敵なインテリア情報。女性ならではのアイデアが満載のブログです。


by lca-infinity

<   2005年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

タオルウォーマー

e0051614_10524770.jpg日本ではなかなかお目にかかれませんが、
「タオルウォーマー」というものをご存知ですか?
その名のとおりタオルを温める器具ですが、狭い脱衣スペースなら暖房としての効果もあります。
壁掛け式やスタンド式があり、ちょっとした洗濯物も乾きます。

バスタオルの保温と暖房機能で一石二鳥ですが、なにより、お風呂でリラックスした後にふんわり温かいタオルにくるまると気分が和みます。リフレッシュ効果アップです。



弊社では、タオルウォーマーを販売しております。

詳細はこちらから
[PR]
by lca-infinity | 2005-10-31 19:10 | 水まわりのデザインと設備
e0051614_14224476.jpg
マンションに限らず、新築の家に引越しの際、どうしても新しい家にあうカーテンや照明器具、エアコンやちょっとした収納などが必要になります。マンションをご購入のお客様は、その販売会社と提携している専属の業者さんが「オプション販売会」なるものを開催し、そこで慌しく商品を決めるのが現状です。

私たちインテリアコーディネーターとしては、せっかくの新しい物を種類の決まった中からしか選ぶことができないのは少々寂しく感じます。お客様が直接コーディネーターに依頼し、必要なインテリア商品を購入するというスタイルがまだまだ確立されていません。

「わざわざコーディネーターさんにお願いするのはなんだか高そうで・・・」そういう印象なのでしょうか?う~ん、まだまだ努力が必要です!

本当は物選びって、カタログや販売会で見るサンプルだけで決めるのではなく、新しい家に置く家具との調和や床・壁の色、小物との色バランスなどなど、じっくり検討するものですよね。それに、家を買う機会や引越しの機会って、そう何度もあるわけじゃない。

そうなると、お客様にはもっとこだわっていただきたいし、私たちの仕事は要望をお聞きして、バランスを考えた商品をアドバイスすることが基本。コーディネートのサービスを売るというより、お客様にあった商品を販売させていただく、といったほうが本音です。

新しい住まいに必要なものは、どんなものでも納得がいくまでおつきあいいたします。
取付けもすべて私たちにお任せ下さい。予算や引越しの日程など、細かい奥様の要望もお聞きします。

もっと身近にインテリアの相談ができる会社を私たちは目指します!
[PR]
by lca-infinity | 2005-10-29 14:34 | リフォーム設計デザイン
養生工事とは・・・リフォームや設備のクリーニングの際に、そのまわりの工事をしない場所、要するに工事のホコリを飛ばしたくないところが汚れないよう、傷つかないよう、保護する作業のことを言います。インテリアコーディネーターの勉強をしている頃は、そこまでの知識はありませんでした。(見積書の仮設工事の中に項目が入っています。)e0051614_19322087.jpg

簡単に説明すると、例えば和室をリフォームするとします。隣がリビングで、こちらは何もしない。その時、和室の壁を解体したり、畳を撤去したりするとホコリがでますよね。その際にホコリがリビングにいかないように、養生シート(ビニルシート)で覆います。きちんと隙間なく養生しておけば、職人さんも思いっきり作業ができると言う訳です。

また、既存の傷つけたくないところや、工事で仕上がったところも養生が必要です。

養生の作業にいつも神経を使い、現場の環境を整えることが、職人さんの無駄な手間を省き、余計な作業を増やさないことなのです。現場に出て日々の工事をうるさく監理し、職人さんの意識も高く持ってもらうため、身についたことです。

そんななか、アメリカの展示会で見つけきた養生の道具を日本で紹介・販売するお手伝いをしています。(OL時代の貿易業務と現場の作業が役に立っています。)
ZipWall(ジップウォール)」といい、簡単に養生シートを先端のプレートにはさみ、脚立もテープもなしに、数分で養生が可能なのです。現場で養生を移動したり、また高い吹き抜けなど(6mまで伸びます)のところで役に立ちます。
詳しくは、販売元の「Bell Global Corporation」へ。

ジップウォールは、アメリカで売れ続けている商品です。簡単さと、何度でも使えて、少しでも経費節減に役立てることが狙いです。
e0051614_19545143.jpg

[PR]
by lca-infinity | 2005-10-28 20:09 | エルシーエーインフィニティ
e0051614_17542733.jpg其の1では寝起きが悪い人におすすめのカーテンの色を紹介しましたが、今回は寝つきが悪い人におすすめのカーテンの色をご紹介します。

眠りの妨げとなる高ぶった感情を、平穏な状態に戻してくれるのが「ブルー」です。ブルーは、呼吸を落ち着かせ、血圧や気分を安定させてくれます。沈静効果があるので、気分を落ち着かせたい場所、寝室のカーテンにおすすめなのです。さらに、遮光や遮音機能が付いたカーテン地を選べば、静かな深い眠りを得ることができると思います。
(遮光カーテン=光をさえぎるカーテンの事で遮光の度合いによって1~3級があります。室内の光やシルエットが外に写らないので、防犯対策にも効果的です。)


e0051614_18194182.jpg遮光カーテンを選ぶか、選ばないかでも朝の目覚め方が違います。遮光カーテンは、光がお部屋に漏れることがないので、極端な話、朝・夜関係なく、お部屋は真っ暗な状態です。ですので、其の1でもお話ししたように、寝起きが悪い方には、遮光カーテンだと余計に朝起きるのが辛くなる・・・のではないかと思います。ですが、寝室だけ遮光カーテンにするお客様が多いのが現状です。
ちなみに私は、遮光カーテン派ではないので、太陽の光りで目を覚ましています。でも、曇りや雨の日はやはり暗いので、朝起きるのが辛いです・・・。
[PR]
by lca-infinity | 2005-10-27 19:03 | 窓まわり・ファブリックス

招待券をさしあげます

e0051614_19422031.jpg
11月8日(火)~11月11日(金)の4日間、東京ビックサイトで日本最大の住宅・建築関連専門の展示会『Japan Home and Building Show 2005』が、東京ビックサイトで開催されます。建材や住宅設備メーカーなど、海外企業も含めて約650社が出展し、10万人の住宅・建築関連の専門家が来場します。

そこで、一般の入場料は1000円ですが、是非インテリアコーディネーターの勉強をしている学生の方々や、これからリフォームしようと考えている方々など、もっと住まいに関する商材を知っていただきたいと思い、招待券をさしあげます。

ご希望の方は、info@lca-infinity.comまでメールでご連絡下さい。

私がインテリアの勉強をしている頃は展示会に行ったことがなく、キッチンやフローリングは、ショールームでしか見たことがありませんでした。これから、インテリアの仕事をしようと考えている方は、是非プロが集まる展示会で、商品をたくさん見て勉強していただけたらと思います。

私たちも、協力会社の「Bell Global Corporation」で出展し、アメリカからの養生製品「ZipWall」を展示しております。e0051614_1950395.jpg
[PR]
by lca-infinity | 2005-10-26 19:14 | エルシーエーインフィニティ

ユニットバスのサイズ

住宅の平面図のなかに、浴室がユニットバス(UB)と表示され、1216や1616などの数字が入っていますが、これは浴室の内径の幅・奥行きを略して表したものです。
1216なら、1200mm x 1600mmということになります。そして、長さが短いほうに浴槽が設置され、浴槽の大きさ&横幅、ということになります。

お風呂の大きさは、その快適さに比例するように思います。
足を伸ばしてゆっくり浴槽につかれば、一日のストレスも解消できますよね!

そこで参考にしていただきたいのが、「浴槽サイズと足を伸ばしてのリラックス度」のご紹介。身長にもよりますが、まずUBサイズの数字が小さいほうを見てください。

1100mm~1200mm ・・・ 体育座りで膝が曲がってしまいます。
1400mm前後      ・・・ 比較的ゆったりですが少しだけ膝が曲がるかも。
1600mm         ・・・ 足を伸ばしてリラックスできます。親子でも入れます。
1800mm         ・・・ 溺れないように気をつけて!でもリラックス度は完璧です。

是非ともリフォームの際は、今の住まいのユニットバスまたは浴室より、一段階上のサイズをお薦めします。お風呂の広さは暮らしの快適さをアップさせますよ。

e0051614_16572147.jpg
[PR]
by lca-infinity | 2005-10-24 17:33 | 水まわりのデザインと設備

女性起業支援

昨日、NPO法人ウーマンベンチャーサポートクラブのセミナーに参加させていただき、すでに成功されている女性社長の貴重なお話と、これから起業してみたいと少しでも興味のある女性との交流会に参加してきました。

e0051614_2344277.jpg私が仕事をしているインテリア業界も、やはり女性の興味や嗜好が、これからの消費者ニーズを変えていき、ますます個性が大切となる家づくりの時代が必ず来ると考えます。
昨日の講演で、21Lady株式会社(シュークリームのヒロタやCHOU FACTORY及びHUBを運営)の広野社長も、「市場の消費の意思決定をしている女性が、アイデアをどんどん出して起業していけば、生活産業や日本の経済を活性化できる」とおっしゃっていました。まさに、その通りだと思います。

建築やリフォーム業界も、家に長くいる奥様や女性の意見やこだわりが、ファッションを選ぶように、美味しい食事を求めるように、生活の基本となる暮らす“家”が、もっと楽しいものになるように、同じ女性の立場でどんどん情報を発信していき、快適!のご提案をしていきたいと思っています。女性だって現場に出るんです!そうでなければ、女性の暮らしの悩みは理解できません。水漏れから、カーテンの衣替え、ライフスタイルにあわせた間取りの変更などなど、もっと身近に、暮らしの困ったことがあれば気軽にご相談をしていただける環境を作って参りたいと思います。

ちなみに、インテリアコーディネーターはたくさんいますが、お引渡しの最後まで責任を持って、お客様の意見を現場で取りまとめ、工事中も奥様に安心していただけるリフォーム会社はまだまだ少ないようです。なぜなら、女性の仕事は打合せ段階までで、実際に工事が始まり現場を納めるのは、男性が主流ですから。でも、実際に形になるのは現場です。そこでも女性の、奥様の意見を取り入れられるようになったら・・・安心は信頼を生み、そこに暮らす人が一番住みやすい家をお客様と一緒に追求できるのだと考えます。
[PR]
by lca-infinity | 2005-10-23 23:50 | エルシーエーインフィニティ

お国も違えば・・・

この仕事をしていると、普段から建物やインテリアをキョロキョロ見る職業グセがついているようで、旅先でも面白い発見があります。
日本の街角でもなじみのあるファーストフード店やコーヒーショップなどなど、色やショップのロゴなどのデザインは画一的で、看板やオーニングはどこで見てもだいたい同じですよね。そして、それは潜在的に私達の記憶にインプットされており、なんとなく色の組み合わせを見ると、例えば「これって○○○のコンビニ」etc.と思い浮かび、すごい宣伝効果です。

e0051614_17572935.jpgとはいえ、お国も違えばデザインも違うようです。パリのシャンゼリゼ通りで見かけたマクドナルドは白抜きで金縁のあの有名なMマークのロゴ。撮影した店舗は、黒を基調に品良くシックにまとめられていました。ヨーロッパの歴史ある街並みや建物の外観にあわせて、その国、その街でデザインを変え、人々に愛されているようです。

e0051614_18145247.jpg


他にもボストンで見かけたスターバックスコーヒー店。
何を表現したかったのか、やかんから湯気が・・・「これって他のお店のファザード??」と思いましたが、それに見合うお店もなく・・・不思議です。
[PR]
by lca-infinity | 2005-10-21 18:26 | 気になるあれこれ

自然素材壁紙

先月、天然素材の塗り壁で壁紙についても少し紹介したと思いますが、今日はもう少し詳しい内容をご紹介します。

e0051614_17255726.jpg
下右の写真の壁紙はセコーの自然派壁紙ノイエローヴです。
ノイエローヴはシックハウス症候群の原因のひとつといわれている「ホルムアルデヒド」を含んでいないので、人体にやさしい壁紙です。燃やしても有害物質は出さず、土に埋めれば生分解して地球に還る優しい素材です。そして、デザイン性もあり種類もカラーも豊富です。e0051614_17455365.jpg

e0051614_17312289.jpg シックハウス症候群でアレルギー体質の方にお勧めな、壁紙の選び方があります。症状が出ない壁紙を選びたい場合は、壁紙を1mくらいと自然素材壁紙専用のりをサンプルでもらい、ご自宅に数日間、置いてみてください。そうすると、症状が出るか出ないかを知ることができます。壁紙だけではなく施工に使用するのりで症状が出てしまう場合もあるそうなので、両方、試してみるのが一番良い方法だそうです。
[PR]
by lca-infinity | 2005-10-19 18:06 | 素材・建材・カラー
e0051614_21241341.jpg

ヨーロッパの建築物はその歴史を物語り、建物の前にたたずむと吸い込まれそうな奥深さが魅力です。今回パリを訪れ、憧れのオペラ座に行ってきました。
今年は、劇団四季の「オペラ座の怪人」や映画を鑑賞し、舞台やスクリーンでみるあの豪華なシャンデリアが輝く客席、シャガール作の天井画、大理石の階段に、いたるところにある彫刻や装飾、絵画、大きな鏡と、幻想的、神秘的・・・なんと表現したらよいかわからないすばらしい感動を覚えました。

e0051614_21283817.jpg芸術に触れることは、インテリアデザインのセンスを磨くことにもつながると考えています。すばらしいものをみて鳥肌が立つ感動を受けること、建築や絵画など、そこに表現されている何かを自分なりに解釈してみたり、その奥深さに感銘を受けたり・・・人間的にも柔軟になれるような気がします。



e0051614_22135283.jpgちょっと余談ですが、オペラ座の屋根の片隅では蜜蜂が飼育され、作られた蜂蜜は今ではオペラ座の有名なお土産品として販売されています。パリ中の花の蜜を吸い、オペラ座に舞い戻ってくる蜜蜂もその優雅な劇場の上で踊っているのでしょうか・・・
[PR]
by lca-infinity | 2005-10-18 22:15 | 気になるあれこれ