楽しく快適に暮らすための素敵なインテリア情報。女性ならではのアイデアが満載のブログです。


by lca-infinity

マンションの引渡し検査

内覧会の日、マンションオーナーの方に施主検査に立ち会って下さい、という依頼を受けます。どちらかというと、カーテンや照明器具のコーディネート販売と取付けのご依頼の“ついで”みたいなものですが、第三者の立場で、現場施工をみている者の目から厳しく、しぶとくチェックします。おそらく他のお部屋はあっという間に終了していると思いますが、余裕で2時間くらいかけて検査です。

e0051614_115488.jpgオーナーの皆様が冷静に、すべての不具合箇所をみつけるのは難しいです。なぜなら、初めてみる我が家に舞い上がってしまうもの。新しいにおいの素敵な新居に感動していると、担当者が「そろそろよろしいでしょうか・・・」と早く終了したい様子。あとは、「これくらいの(小さな)ことも言っていいのかな?」と躊躇されるケースが多いです。

引渡しまで2週間程度しかない内覧会で初めて自分の○千万円の商品を見ることができる、それまでは壁の裏が、床の下が、それこそ躯体が・・・どうなっているのかを一度も見ることができないこと自体、おかしな話だと考えるのは私だけでしょうか。

検査後時間がないなかで数種の業者が入り乱れて補修工事をしなくてはならないので、全部とは言いませんが、仕上げが雑になりがちなようです。それで許されるはずはないのですが。私が立ち会ったところで、クロスを3回貼り直しさせたことがあります。。

e0051614_14488.jpg施主検査は「工事のことはわからないから・・・」という考えは捨てて、新しい○千万円の商品についている傷や見栄えが悪いところは、必ず申し出て下さい。

::チェックポイント::

* 目で見るだけでなく、手で触って確認すること。
  壁紙だけでなく、触ると気になる段差や隙間(下地の石膏ボードのジョイントが
  きちんと処理されていない)を調べます。

* 這いつくばって床や収納の下(玄関などの間接照明があったりするところ)、
  巾木(壁と床がぶつかるところについている板状のもの)をチェック。

* 石張りの所は何か硬いものでたたいてみる(加減は必要ですよ)。
  鈍い音がするところは下地と接着できていますが、軽い音の箇所は下地から
  浮いている可能性が高く、ひび割れ等がおきやすい。

* についている金物類(扉の開閉に関わる機能箇所)をチェック。

* シール(洗面台やキッチンの隅の隙間を埋めているゴム状のもの)のチェック。
  平らにきれいに処理されているか。

検査のポイントはつきないですが、是非徹底的に調べてみてください!
[PR]
by lca-infinity | 2005-12-08 23:55 | エルシーエーインフィニティ