楽しく快適に暮らすための素敵なインテリア情報。女性ならではのアイデアが満載のブログです。


by lca-infinity

トイレのお供。

e0051614_21345374.jpgヨーロッパのホテルでよく見かける、トイレの隣にあるビデ。これを初めてみた時に驚く人、多くないですか?
私もだいぶ昔ですが、一瞬「???」ってかたまりました。足を洗うのか、それとも男性用の小便器??形も大きさもトイレと似ているし、でもなにやら水栓金具がついていて・・・
私は「着替えずにシャワー」と、その便利さを勝手にそう解釈しているのですが、これも文化の違いだなと考えさせられます。

日本には、TOTOさんの商品名で一般的な「ウォシュレット」があり、トイレ1台でビデ機能も備えています。
要するに、トイレとビデの間を移動しなくていい。日本人は怠け者なのか、それとも便利さを追求して最高の機能を備えたのか・・・

ビデがあるヨーロッパは、トイレとビデを2台設置するスペースを考えると、その広さという意味で日本よりも条件がいいし、やはり歴史的背景があって、現在でもそのままトイレと並ぶひとつの設備として確立されているようです。
でも、トイレとビデの間を移動することに面倒さを感じないのか?そういう意味では寛容なのかもしれません。

お国も違えば民族も違って、やはり考え方も様々なのでしょうね。
でも、なんだかこの形、かわいいと思ってしまいます。
e0051614_21393459.jpg

[PR]
by lca-infinity | 2005-10-14 21:47 | 水まわりのデザインと設備